心臓病専門病院とCMIクリニックのお話

CMIクリニックの収益はすべてホーチミン市10区にある心臓病専門病院に寄付されているのをご存知でしょうか。


 

ホーチミン市の心臓病専門病院(ホーチミン市10区)は、1992年アランカルポンティエ教授(フランス)とデゥオン・クアン・チュング医師(ベトナム)によって、ベトナム人心臓病患者(特に小児患者)に質の高い医療ケアを提供する目的で設立されました。


心臓病専門病院の設立以前は、ホーチミン市内には、設備の整った心臓病治療センターがありませんでした。

現在は、需要増加によって、心臓病手術件数は増え続けています。

 

この心臓病専門病院は、ベトナムにおいて高度心臓外科手術のセンターとして多くの人に信頼され、ホーチミン市だけではなく、周辺地域に住むベトナム人家族もコンサルテーションに訪れています。

ただ残念なことに、手術の費用は現地のベトナム人家庭の人にとっては結構な高額になることもあり、手術すれば命が助かるような症例でも費用の関係で手術をあきらめざるを得ないケースがありました。

 

このことに心を痛めたカルパンティエ教授はベトナムの貧しい患者が心臓病手術を経済的な理由であきらめることがないように福祉部門を作成しました。

そして、より多くの貧しい子供たちを助けることができるように、カルパンティエ教授はさらにCMI クリニック(センター・メディカル・インターナショナル)を設立いたしました。

CMIクリニックは死の危険に直面する小児心臓患者が少なくとも手術を受けられるように心臓病専門病院に資金提供しており、年間200例の手術を実現させています。

 

 

 

 

心臓病専門病院のオープン以来、4000以上人の子供たちの命が救われています。

 

アラン・カルパンティエ財団はこれら二つの機関を作成するだけはでなく、心臓病専門病院に勤めるベトナム人職員(心臓外科医及び医療スタッフ)のトレーニングを通して、ベトナムの医学教育にも貢献しています。

心臓研究所の様々なプロジェクト(例えば心臓病学研究所の拡張)に対しても経済的支援をしております。
 

 

 

 

Vietnam Hearts from CMI Vietnam on Vimeo.